ホームページ作成ソフトやツールの選び方のポイント

選び方の解説

要件にあったものを選ぶには・・・

まず初めに考えて欲しいことはあなたが作りたいホームページに必要な機能です。例えば飲食店を経営されている場合を例に考えてみましょう。必要な機能としては、「頻繁に変わるメニューの更新がやりやすい」「店舗への予約機能が必要」「スムーズな申し込みフォーム」「クーポン発行」などの機能が必要になると思います。

このような機能を初心者の方でも使えるのがWebサービスです。

Wix・Webnode・jimdo・グーペ・ペライチ・カラーミーショップ・BASEなどのWebサービスの場合は長期的に費用が割高になります。しかし、利用できる機能はホームページ作成ソフトとは比べ物にならないくらい豊富です。そして、初心者の方でもサイト上で登録するだけで始めることができるというメリットがあります。

対してホームページ作成ソフトは上記のような機能はなく、あくまで静的なサイトを作るものです。文章と画像だけで問い合わせを得るためのサイトを作りたい場合、非常に良い選択肢になります。初期費用はある程度必要ですが、長期的には割安です。

トレードオフを理解する

このサイトをご覧になっている方の多くは、ビジネスでホームページを活用したい方だと思います。その前提で話を進めます。

ビジネスで考えるべき要件は「投資時間」と「費用」です。この2つがコストになります。コストを抑えて目標を達成できるツールを選ぶのが最短コースでしょう。

  • 投資時間
  • 長期的費用

この2つがトレードオフの関係になっています。投資時間を長くすれば費用は少なくて済みます。そしてその逆です。費用をかければ投資時間は少なくて済みます。

さて、ビジネスの目的はお客様のニーズを満たすことであり、それによって収益を上げることです。そのためにもっとも大切なことは何でしょうか、そこに時間を投資することだと思います。ホームページを作ることがあなたのビジネスでしょうか。ホームページを作ってもすぐに集客につながることはあまりありません。ホームページというのは営業のためのツールです。ビジネスのあり方をより良く見せ、信頼感を勝ち取るものだと思った方がいいでしょう。

ホームページ自体で集客するには膨大な時間が必要になります。特に検索エンジンでの集客には1年以上の時間がかかります。毎日コンテンツを更新することが必要になります。ホームページツールを選ぶ際、あなたがそのような体制を維持できるかどうかも重要な判断材料になります。

こちらのページも参考にしてください。より詳しく掲載しています。

Webサービス(CMS)という選択肢

費用は高いが、投資時間をもっとも短くできます。費用は月額1,000円 〜 3,000円程度になります。プランによって異なります。

Webサービスランキング表(料金は契約年数によって変動、1年契約で表記)
名前 人気プラン料金 帯域幅 容量 自由度 評価
1.Wix 1,266円 無制限 10GB ドラッグ&ドロップ
最も優れている。テンプレート。素材が豊富。
自由にカスタマイズ可能。
評価5
2.Webnode 1,299円 10GB 3GB テンプレートベース
テンプレートが豊富。
評価4.5
3.Strikingly $16 無制限 不明 テンプレートベース
自由度は低いがわかりやすい
評価4
4.グーペ 1,500円 不明 5GB テンプレートベース
カスタマイズに専門知識が必要。
サポートが充実
評価4
5.jimdo 945円 10GB 5GB テンプレートベース
テンプレート数が少ない。
評価3.5
6.ペライチ 1,980円 不明
(3万PV)
不明 テンプレートベース
ページ数が少ないく制限がきつくコスパが悪い
評価3

ホームページ作成ソフトという選択肢

費用も投資時間もほどほどです。ソフトの購入費用の他に、レンタルサーバーを借りる必要があるため、毎月500円程度が必要になります。性能の良いサーバーを使う場合は毎月1,000円程度になります。

ホームページ作成ソフトランキング表
名前 価格 特徴 評価
1.Sirius 24,800円 CSSのカスタマイズが可能。デザインがかなり綺麗。 評価5
2.ホームページビルダー21 11,800円から ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップだが基本はテンプレートベースのため、自由に配置できるわけではない。パッケージにより使える素材に差がある
評価4
3.ホームページV4 4,980円 全てが古い 評価3
4.BlueGrifon 無料
€75.00
専門知識が必要、全て英語。
レスポンシブデザイン対応はライセンスとして€75.00。
技術力のある方が対象。
評価3

自分で作る(テンプレート含む)という選択肢

費用は安いが、投資時間がものすごくかかります。費用はレンタルサーバーを借りる必要があるため、毎月500円程度になります。

ビジネスを行うツールとしてのホームページにおいて、自分で作るという選択肢はものすごい負担になります。テンプレートを利用したとしても同じです。

*ビジネス以外であれば、上記のことは当てはまりません。ホームページ作成を趣味として行うのはとても楽しいことです。

テンプレートランキング表
名前 価格 特徴 評価
1.賢威 24,800円 HTML5テンプレート、WordPressテーマ、SEOマニュアル 評価5
2.無料テンプレート 無料 ホームページ作成の勉強に。
テンプレート無料などで検索するとたくさん出てきます。
評価4
3.最短ホームページテンプレート 14,800円
19,800円(スマホ対応)
コスパが悪い、テンプレートデザインも古い10年前くらいのイメージ。 評価2.5

まとめ

Webサービスは一見、費用が高いように思われがちですが、ホームページを公開するにはレンタルサーバーを借りる必要があります。500円程度で小さいホームページであれば十分ですが、性能の良いものを利用したい場合は1,000円くらいは普通です。月額2,000円程でホームページを作る機能がついたWebサービスは投資効率の良い選択肢だと思います。

レンタルサーバーの設定には他にも色々な設定をする必要があり、覚えることが多いです。Webサービスであればそこをスキップしてすぐに開始できるので初心者の方にはとても良い選択肢だといえるでしょう。

おすすめホームページ作成ソフトランキングNO3!

ホームページ作成方法は3種類あり、「Webサービス(CMS)」「ソフト」「CMS」それぞれのジャンルにたくさんのツールがあります。その中で一番のおすすめツールを紹介します。

こちらの3つのツールではじめる方を対象に、初心者向けホームページの作り方として、クイックスタートガイドを用意しています。合わせて確認してください。

Wix.com

おすすめ度

初心者にオススメのWebサービスです。ドラッグ&ドロップでプロレベルのサイトを作れます。他のWebサービスより断然優れています。

あらゆるビジネスサイト短期間で作りたい初心者の方にお勧めします。さらに、アプリでサイトを拡張できるWebサービスのようなサービスです。時代に合わせて機能を追加していけます。

wix.com no1

WordPress

WordPress no2
おすすめ度

オープンソースCMSの中で、ダントツの人気とシェアを誇るCMSです。ブログ企業メディアなら初心者でもカンタンにはじめることができます。無料で利用できます。サーバーを借りる必要があります。メディアサイトブログを作りたい方におすすめです。

SIRIUS

SIRIUS no3
おすすめ度

ソフトの中では開発も頻繁に行われており、かなり綺麗なデザインでホームページが作れます。複数のホームページを作りたい場合、低コストで実現できます。レスポンシブWebデザインに対応。アフィリエイト副業向けの情報サイトを作りたい方におすすめです。

上記の3つのソフトは「Webサービス(CMS)」「ホームページ作成ソフト」「サーバーにインストールするCMS」のおすすめを掲載しました。それぞれの違いを理解してツールを選ぶことが大事です。詳しくはソフトとCMSの違いを確認してください。

ホームページ作成ソフト比較ランキングで
目的に合ったソフトを探してみよう

おすすめランキング

おすすめホームページ作成ソフト

当サイトではたくさんのホームページ作成ソフトを紹介していますが、その中でもユーザービリティに優れており、実用的なウェブサイトを作れるソフトとCMSを選びました。

Wix.com・シリウス・WordPressの3つのツールについて詳しく解説しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

初心者ランキング

初心者向けホームページ作成ソフト

初心者に必要なソフトは、操作がカンタンなことが大切です。どんなに素晴らしいソフトを選んでも、使えなければ意味がりません。

初心者向けソフトのページでは使いやすさと情報の多さとサポートの充実度を考慮してランキングしています。初心者の方でも使えるソフトを探してみよう。

企業ランキング

ビジネス向けホームページ作成ソフト

ビジネス向けの定義は、「コーポレートサイト」「店舗型ビジネス」「コンサルタント」に絞って紹介しています。それぞれに適したサービスがわかります。

コーポレートサイトの場合は、名刺がわりのしっかりしたホームページを求めている企業に適したツールを紹介します。

店舗型ビジネスの場合は、店舗への集客が必要になりますので、そのような機能が充実したツールを選ぶ必要があります。また、メニューなど頻繁に更新が必要な場合に役立つツールがわかります。レストラン・居酒屋・エステ・サロン・カフェ・バー・整骨整体・肉屋・魚屋さんなどの実店舗を経営されている方が対象です。

コンサルタント系の場合は、士業・ビジネスコンサルタント・投資コンサルタント・代理人業など、個人を前面に出して信頼を得るような業種の方に役立つツールを紹介しています。

3つに分けてビジネスに役立つおすすめのソフトを紹介しています。

ECランキング

ネットショップ作成ソフト

ネットショップをはじめたい方におすすめのツールを紹介します。ソフトはほぼないため、Webサービスを利用するのが近道です。WordPressでもできますが、初心者には難しいため掲載を控えました。

サービスによって登録できる商品数が異なりますので、チェックしましょう。

多くのWebサービスにはネットショップ向けのカート機能が搭載されています。ほとんどの方は日本のマーケットを対象にされていると思いますので、日本向けの決済機能が特に重要です。日本で開発されているサービスを選ぶことをおすすめします。

人気ランキング

人気のホームページ作成ソフト

人気のソフトとサービスを紹介しています。 当サイトからアクセスの多いページ・ダウンロード数の多いページのソフトを掲載しています。

SEOランキング

SEOに良いホームページ作成ソフト

SEOとは検索エンジン上位表示対策のことです。こちらのページでは、SEOに良いソフトを紹介します。上位表示には、コンテンツが充実していることや他のサイトからリンクをもらっていることが重要になります。そのほかにホームページの内部が正しく作られていることも、ある程度大切です。

コンテンツを作りやすい・SNSで拡散しやすい・内部が正しいマークアップがされている。そんな機能をそなえたソフトとサービスを紹介しています。

アフィリエイトランキング

アフィリエイト向けホームページ作成ソフト

アフィリエイトに特化したホームページ作成ソフトとWordPressテーマを紹介しています。

アフィリエイトサイトの作り方についてもポイントを絞って掲載していますので参考にしてください。

低価格順ランキング

低価格ホームページ作成ソフト

現在販売されている買い切りのホームページ作成ソフトを安い順番で掲載しています。

自分のパソコンにインストールするソフトとして販売されているのは、4種類になります。ホームページビルダー21・ホームページV4・BIND10・SIRIUS(シリウス)。

SEOランキング

スマートフォンサイト作成ソフト

スマートフォンサイトも同時に作ることができるソフトを紹介しています。たいていのWebサービスはPC・iPhone・Android・iPadなどデバイスのサイズに関係なく最適な表示を行うレスポンシブWebデザインを採用しています。

業種によってはパソコンよりスマートフォンからのアクセスが7割以上が普通ですので、スマホ対応のソフトを選びましょう。

フリーランキング

無料のホームページ作成ソフト

無料で使えるソフトとWebサービスをまとめています。無料で利用できるホームページ作成ソフトは3種類あります。。「BlueGrifon(ブルーグリフォン)」と「KompoZer(コンポーザー)」・「Microsoft Expression Web 4」です。

それ以外は、Webサービスの無料版が選択肢になります。

Webオーサリングツールランキング

Webオーサリングツール

Web開発向けの開発ツールを紹介しています。高性能なテキストエディタ・統合開発環境ツール。HTML/CSS/JavaScript/PHPなどのプログラミング言語のスキルを持っている方が使うツールです。上級者向けの情報になります。

コード補完、入力補助、文法エラーなどの検出機能を備えたツールです。もしくはインストールして機能を充実させることができます。

ホームページの作成スキルを学びたい方や、効率的にホームページを作りたい方にも役立ちます。

ソフトとCMSの違いを知ることが
はじめの一歩をスムーズなものにします

ホームページ作成サービス(CMS)とホームページ作成ソフトのメリットを比較

ホームページを作るには、HTMLやCSSなどの専門知識が必要でしたが、近年はの主流はインターネットに接続して、「Internet Explorer」や「Google Chrome」などのブラウザー上で操作するだけでカンタンに作ることができるサービスがたくさんあります。

ホームページ作成サービスのよいところ

ネットショップを作りたい」場合や、「予約機能クーポン発行などの機能が欲しい」場合はホームページ作成サービスを使うといいでしょう。

  • 自動的にバージョンアップいつも最新機能を使えること。
  • 導入するのが難しい機能をカンタンに使えること。
  • 難しい専門知識を覚える必要がないこと。

ホームページ作成サービスを使えば、専門知識が全くない初心者でも、スムーズに作ることができます。


ホームページ作成ソフトのよいところ

一方、ホームページ作成ソフトはバージョンアップの速度が遅いためホームページ作成サービスと比べると機能面で劣ります。

バージョンアップのたびに購入が必要になります。SIRIUS(シリウス)は無料でバージョンアップを続けています。

*ホームページ作成ソフトにはホームページ作成サービスのような高性能な機能が無いことに注意しましょう。ビジネスで使うならホームページ作成サービスの方が後々の拡張性に優れています。

  • ファイルデータの管理が楽なこと。
  • 静的なHTMLだから表示スピードが早いこと。
  • サービスに依存することがないこと。(※ソフトには依存します)

本格的に比較:ソフトと2つのCMSの違いを理解する

それぞれに長所と短所があります。これからポイントを説明しますので長所短所を理解してあなたに合ったソフトを選ぶことが大切です。ホームページを作る方法は大まかに3種類に分類できます。(※DreamWeaver・Visual Studio・Atomなどのプロ向けの開発ツールは含みません。)

  • Webサービス(CMS)
  • インストール型ソフト
  • サーバーにインストールするCMS:WordPressなど

下記に出てくる「CMS」という用語はコンテンツ管理システムの略称で、ホームページの更新・修正をカンタンにするシステムのことです。

では、見ていきましょう。

比較 Webサービス(CMS) インストール型ソフト サーバーにインストールするCMS
メリット データの公開方法などの知識が不要で、サービスに登録すればすぐに作れる。専門知識のない初心者に適している。常にサービス側で機能のブラッシュアップを行なっており、新しい機能やデザインをいち早く導入できる。 ファイルの安全性。データベースを使用しないため静的HTMLファイル・スタイルシートをローカルマシンに保存しておくだけでいい。 データベースを定期的にバックアップするなどしデータを手元に保存しておけるため保存性がよく、カスタマイズの自由度が高い。サーバーの選択の自由がある。
デメリット サービスに依存することになる。また、無料プランでは独自ドメインの設定ができない場合が多い。実運用の際には有料プランが必要になるため長期的コストは割高になる。 サイトを生成し、FTPソフトを使いアップロードするなどの手間がかかるが、初心者でもそれほど難しくはない。Webサービスのような高性能な機能はなく、静的なHTMLサイトを生成するのみ、拡張性は低い。OSの事故によりソフト内に設定した内容が壊れることがある。 レンタルサーバーやVPSサーバーなどを借りて運用する必要があり、インストール型ソフトより難易度が高い。セキュリティにも気を使う必要がある。3種類のなかでは専門知識が必要になる。
レベル 初心者レベル:やさしい
一番カンタンに作ることができる。
初心者レベル:平均
ソフトの操作以外に、レンタルサーバーやドメインの設定を学ばないといけない。
初心者レベル:難しい
データベースの管理などを学ばないといけないが、WordPressなら比較的カンタンにできる。他のCMSは初心者には難しい。
安全性 高い:サービス側で対応 平均:OSによって不具合がある 低い:自分で対応
自由度 平均:サービスにより大幅に異なる 低い:大体はテンプレートに依存 高い:自分で好きなようにカスタマイズ
コスト 高い:月額費用(無料プラン以外) 平均:買い切り、又はバージョンアップ費用+ドメインとレンタルサーバー費用 安い:ドメインとレンタルサーバー費用
種類 Wix.com・Webnode・jimdo・webydo・Squarespace・Weebly・AmebaOwnd・ペライチ・STORES.jp・BASE・グーペ・カラーミーショップ・BINDクラウドなど多数。 SIRIUS(シリウス)・ホームページビルダー21・ホームページV4・BIND10・BlueGriffon。 オープンソース:WordPress・Drupal・joomla・XOOPS・concrete5・baseCMS・Osclassなど多数。
商用:MovableType・aishipRなど多数。

「Webサービス(CMS)」は、「サーバーにインストールするCMS」を初心者向けにしたものだと思ってもらうとわかりやすいと思います。このようにホームページは作り方によって、メリットとデメリットがあることを理解して選ぶことが大切です。

結局のところソフトもCMSと変わらない

ホームページ作成ソフトも制作作業を楽にしてくれるシステムです。

ソフトの場合は自分のパソコンの中でシステムを動かしているに過ぎません。もし、そのパソコンに不具合が起きた場合、ソフト内で設定したデータ内容が失われてしまうこともあります。

当サイトのSIRIUSへのレビューにも、まさにこのことに関するコメントをいただいております。下記に一部を掲載しておきましょう。

今までカスタムしてきたHTMLの設定が全てパーになっただけでなく、デザインの崩壊、更にはアクセス不能状態に陥るという状態になり、HPの運営が出来ない状態になりました。これに対し一切の対応を取って頂けず、当社は大変な被害をこうむりました。

つまり、ソフトを使っていても、ソフトに依存しているということです。*MacOSであれば付属のTimeMachineというアプリでバックアップできます。*WindowsであればAcronis True Image 2018などのシステム全体をバックアップするソフトで対応するといいでしょう。その際には外付けのハードディスクも必要になる場合があります。

ソフトもWebサービス(CMS)も制作技術を持っていない人をサポートしてくれるシステムです。ですので、絶対に安全ということはないと思った方がいいと思います。

今回、比較した3つのシステムを要約すると:

  • Webサービス(CMS):初心者向け
  • インストール型ソフト:初心者向け
  • サーバにインストールするCMS:中級者から上級者向け

ということになります。

自由度も安全性もカスタマイズも全てを満たすには、専門家に頼むか自分でスキルを身につけるしかありません。

以上のことから、初心者の方はWix.comWebnodeのようなWebサービスを利用することをオススメします。

外部サービスには絶対に頼らない方は、初めからWordPressなどのCMSを利用することをオススメします。WordPressを勧める理由は、インストールが簡単だからです。ほとんどのレンタルサーバーがWordPressの構築に対応しており、ワンクリックで運営を開始することができます。要するに、初心者にやさしいということです。

WordPressは本格的なサイトを作るのは難しいですが、ブログやオウンドメディア(企業メディアのこと)なら初心者でもすぐにはじめることができます。WordPressほどの手間をかけたくない方はシリウスなどのホームページ作成ソフトが適しています。

少し難しい話になりましたが、ホームページを作る方法を選ぶには欠かせないことをお伝えできたと思います。この記事を参考にして、より良いホームページ制作をスタートしよう。

  1. シェアする
  2. facebook
  3. Twitter
  4. google+
  5. はてなブックマーク
  6. pocket
  7. feedlyを購読