おすすめホームページ作成ソフトランキングNO3!

ホームページ作成方法は3種類あり、「Webサービス(CMS)」・「ソフト」・「CMS」それぞれのジャンルにたくさんのツールがあります。その中で一番のおすすめツールを紹介します。

こちらの3つのツールではじめるなら、トップページにクイックスタートガイドを用意しています。合わせて確認してください。ホームページの作り方 - ヒップソフトハブ

Wix.com

おすすめ度

初心者にオススメのWebサービスです。ドラッグ&ドロップでプロレベルのサイトを作れます。他のWebサービスより断然優れています。

wix.com no1

SIRIUS

おすすめ度

ソフトの中では開発も頻繁に行われており、かなり綺麗なデザインでホームページが作れます。複数のホームページを作りたい方にオススメです。レスポンシブWebデザインに対応。

SIRIUS no2

WordPress

おすすめ度

オープンソースCMSの中で、ダントツの人気とシェアを誇るCMSです。ブログやオウンドメディアなら初心者でもカンタンにはじめることができます。無料で利用できます。

WordPress no3

上記の3つのソフトは「Webサービス(CMS)」「ホームページ作成ソフト」「サーバーにインストールするCMS」のおすすめを掲載しました。それぞれの違いを理解してツールを選ぶことが大事です。ソフトとCMSの違いを確認してください。

ホームページ作成ソフト比較ランキングで
目的を叶えるソフトを探してみよう

おすすめランキング

おすすめホームページ作成ソフト

当サイトではたくさんのホームページ作成ソフトを紹介していますが、その中でもユーザービリティに優れており、実用的なウェブサイトを作れるソフトとCMSを選びました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

初心者ランキング

初心者向けホームページ作成ソフト

初心者に必要なソフトは、操作がカンタンなことが大切です。どんなに素晴らしいソフトを選んでも、使えなければ意味がりません。

初心者向けソフトのページでは使いやすさと情報の多さとサポートの充実度を考慮してランキングしています。

初心者の方でも使えるソフトを探してみよう。

企業ランキング

ビジネス向けホームページ作成ソフト

ビジネス向けの定義は、「コーポレートサイト」「店舗型ビジネス」「コンサルタント」に絞って紹介しています。それぞれに適したサービスがわかります。

対象業種は・・・

  1. コーポレートサイトの場合
    あらゆる業種
  2. 店舗型ビジネスの場合
    エステ・サロン・カフェ・バーなどの実店舗のある業種
  3. コンサルタント系
    個人事業主としての士業・コンサルタント・代理人業など、個人を前に出していくような業種、または個人ブランド化など。

3つに分けてビジネスにおすすめのソフトを紹介しています。

ECランキング

ネットショップ作成ソフト

ネットショップをはじめたい方におすすめのツールを紹介します。ソフトはほぼないため、Webサービスを利用するのが近道です。WordPressでもできますが、初心者には難しいため掲載を控えました。

サービスによって登録できる商品数が異なりますので、チェックしましょう。

多くのWebサービスにはネットショップ向けのカート機能が搭載されています。ほとんどの方は日本のマーケットを対象にされていると思いますので、日本向けの決済機能が特に重要です。日本で開発されているサービスを選ぶことをおすすめします。

人気ランキング

人気のホームページ作成ソフト

人気のソフトとサービスを紹介しています。

当サイトからアクセスの多いページ・ダウンロード数の多いページのソフトを掲載しています。

SEOランキング

SEOに良いホームページ作成ソフト

SEOとは検索エンジン上位表示対策のことです。こちらのページでは、SEOに良いソフトを紹介します。上位表示には、コンテンツが充実していることや他のサイトからリンクをもらっていることが重要になります。そのほかにホームページの内部が正しく作られていることも大切です。

コンテンツを作りやすい・SNSで拡散しやすい・内部が正しいマークアップがされている機能をそなえたソフトとサービスを紹介しています。

低価格順ランキング

低価格ホームページ作成ソフト

現在販売されている買い切りのホームページ作成ソフトを安い順番で掲載しています。

自分のパソコンにインストールするソフトとして販売されているのは、4種類になります。

ホームページビルダー21・ホームページV4・BIND10・SIRIUS(シリウス)。

SEOランキング

スマートフォンサイト作成ソフト

スマートフォンサイトも同時に作ることができるソフトを紹介しています。たいていのWebサービスはPC・iPhone・Android・iPadなどデバイスのサイズに関係なく最適な表示を行うレスポンシブWebデザインを採用しています。

業種によってはパソコンよりスマートフォンからのアクセスが7割以上が普通ですので、スマホ対応のソフトを選びましょう。

フリーランキング

無料のホームページ作成ソフト

無料で使えるソフトとWebサービスをまとめています。無料で利用できるホームページ作成ソフトは3種類あります。。「BlueGrifon(ブルーグリフォン)」と「KompoZer(コンポーザー)」・「Microsoft Expression Web 4」です。

それ以外は、Webサービスの無料版が選択肢になります。

Webオーサリングツールランキング

Webオーサリングツール

Web開発向けの開発ツールを紹介しています。高性能なテキストエディタ・統合開発環境ツール。

ホームページの作成スキルを学びたい方や、効率的にホームページを作りたい方に役立つツールを掲載しています。

ソフトとCMSの違いを知ることが
はじめの一歩をスムーズなものにします

ホームページ作成サービス(CMS)とホームページ作成ソフトのメリットを比較

ホームページを作るには、HTMLやCSSなどの専門知識が必要でしたが、近年はの主流はインターネットに接続して、「Internet Explorer」や「Google Chrome」などのブラウザー上で操作するだけでカンタンに作ることができるサービスがたくさんあります。

ホームページ作成サービスのよいところ

「ネットショップを作りたい」場合や、「予約機能やクーポン発行などの機能が欲しい」場合はホームページ作成サービスを使うといいでしょう。

  • 自動的にバージョンアップいつも最新機能を使えること。
  • 導入するのが難しい機能をカンタンに使えること。
  • 難しい専門知識を覚える必要がないこと。

ホームページ作成サービスを使えば、専門知識が全くない初心者でも、スムーズに作ることができます。


ホームページ作成ソフトのよいところ

一方、ホームページ作成ソフトはバージョンアップの速度が遅いためホームページ作成サービスと比べると機能面で劣ります。

バージョンアップのたびに購入が必要になります。SIRIUS(シリウス)は無料でバージョンアップを続けています。

  • ファイルデータの管理が楽なこと。
  • 静的なHTMLだから表示スピードが早いこと。
  • サービスに依存することがないこと。(※ソフトには依存します)

本格的に比較:ソフトと2つのCMSの違いを理解する

それぞれに長所と短所があります。これからポイントを説明しますので長所短所を理解してあなたに合ったソフトを選ぶことが大切です。ホームページを作る方法は大まかに3種類に分類できます。(※DreamWeaver・Visual Studio・Atomなどのプロ向けの開発ツールは含みません。)

  • Webサービス(CMS)
  • インストール型ソフト
  • サーバーにインストールするCMS:WordPressなど

下記に出てくる「CMS」という用語はコンテンツ管理システムの略称で、ホームページの更新・修正をカンタンにするシステムのことです。

では、見ていきましょう。

比較 Webサービス(CMS) インストール型ソフト サーバーにインストールするCMS
メリット データの公開方法などの知識が不要で、サービスに登録すればすぐに作れる。専門知識のない初心者に適している。常にサービス側で機能のブラッシュアップを行なっており、新しい機能やデザインをいち早く導入できる。 ファイルの安全性。データベースを使用しないため静的HTMLファイル・スタイルシートをローカルマシンに保存しておくだけでいい。 データベースを定期的にバックアップするなどしデータを手元に保存しておけるため保存性がよく、カスタマイズの自由度が高い。
デメリット サービスに依存することになる。また、無料プランでは独自ドメインの設定ができない場合が多い。実運用の際には有料プランが必要になるため長期的コストは割高になる。 サイトを生成し、FTPソフトを使いアップロードするなどの手間がかかるが、初心者でもそれほど難しくはない。 レンタルサーバーやVPSサーバーなどを借りて運用する必要があり、インストール型ソフトより難易度が高い。セキュリティにも気を使う必要がある。3種類のなかでは専門知識が必要になる。
レベル 初心者レベル:やさしい
一番カンタンに作ることができる。
初心者レベル:普通
ソフトの操作以外に、レンタルサーバーやドメインの設定を学ばないといけない。
初心者レベル:難しい
データベースの管理などを学ばないといけないが、WordPressなら比較的カンタンにできる。他のCMSは初心者には難しい。
安全性 高い:サービス側で対応 普通:OSによって不具合がある 低い:自分で対応
自由度 普通:サービスにより大幅に異なる 低い:大体はテンプレートに依存 高い:自分で好きなようにカスタマイズ
種類 Wix.com・Webnode・jimdo・webydo・Squarespace・Weebly・AmebaOwnd・ペライチ・STORES.jp・BASE・グーペ・カラーミーショップなど多数。 SIRIUS(シリウス)・ホームページビルダー21・ホームページV4・BIND10。 オープンソース:WordPress・Drupal・joomla・XOOPS・concrete5・baseCMS・Osclassなど多数。
商用:MovableType・aishipRなど多数。

「Webサービス(CMS)」は、「サーバーにインストールするCMS」を初心者向けにしたものだと思ってもらうとわかりやすいと思います。このようにホームページは作り方によって、メリットとデメリットがあることを理解して選ぶことが大切です。

結局のところソフトもCMSと変わらない

ホームページ作成ソフトも制作作業を楽にしてくれるシステムです。

ソフトの場合は自分のパソコンの中でシステムを動かしているに過ぎません。もし、そのパソコンに不具合が起きた場合、ソフト内で設定したデータ内容が失われてしまうこともあります。

ソフトを使っていても、ソフトに依存しているということです。*出力されたファイルのバックアップは簡単にできますが、ソフト自体のバックアップは難しいかもしれません。バックアップはコピーできるということですから、海賊版防止の観点からも簡単にできないはずです。メーカーに相談してください。

ソフトもWebサービス(CMS)も制作技術を持っていない人をサポートしてくれるシステムです。ですので、絶対に安全ということはないと思った方がいいと思います。

今回、比較した3つのシステムを要約すると:

  • Webサービス(CMS):初心者向け
  • インストール型ソフト:初心者向け
  • サーバにインストールするCMS:中級者から上級者向け

ということになります。

自由度も安全性もカスタマイズも全てを満たすには、専門家に頼むか自分でスキルを身につけるしかありません。

以上のことから、初心者の方はWix.comWebnodeのようなWebサービスを利用することをオススメします。

外部サービスには絶対に頼らない方は、初めからWordPressなどのCMSを利用することをオススメします。

WordPressを勧める理由は、インストールが簡単だからです。ほとんどのレンタルサーバーがWordPressの構築に対応しており、ワンクリックで運営を開始することができます。要するに、初心者にやさしいということです。

WordPressは本格的なサイトを作るのは難しいですが、ブログやオウンドメディア(企業メディアのこと)なら初心者でもすぐにはじめることができます。

WordPressほどの手間をかけたくない方はシリウスなどのホームページ作成ソフトが適しています。

少し難しい話になりましたが、ホームページを作る方法を選ぶには欠かせないことをお伝えできたと思います。この記事を参考にして、より良いホームページ制作をスタートしよう。

  1. Share!
  2. facebook
  3. Twitter
  4. google+
  5. はてなブックマーク
  6. pocket
  7. feedlyを購読