はじめてのホームページ公開方法の流れ

ホームページを作ってインターネットに公開する流れを詳しく解説

ホームページを作ったら次にすることはインターネットに公開しホームページにアクセスできる状態を作ることです。ホームページ作成方法によって公開状態の構築方法は変わります。このページではごく一般的な方法を紹介します。

  1. Webサービスを利用した公開方法
  2. ホームページ作成ソフトもしくは、HTMLで構築したホームページを公開する方法
  3. CMS(WordPress)を利用した公開方法

Webサービスを利用した公開方法

最も簡単かつスピーディーにホームページを公開する方法としてWebサービスを使った方法です。その方法は単純明快で、あなたの使用用途に適したWebサービスを選び申し込みをするだけです。これらのサービスは、サーバーがセットになっており自分で用意する必要はありません。あとは、サイトにアクセスしてサービスの機能をフル活用し、望みのホームページを作っていけばいいでしょう。

素早くホームページを作成できるサービスは当サイトで多く紹介していますのでご覧ください。
Jimdo」「Wix.com」「Webnode」「ペライチ」「クレヨン」「カラーミーショップ」「グーペ」「Base」「Webydo

ホームページ作成ソフトもしくは、HTMLで構築したホームページを公開する方法

自分のパソコンの中で制作し、手元にファイルがある場合の公開方法です。

ホームページをインターネットに公開して、見れる状態にするには、3つの手順が必要です。

  1. ドメインを取得する
  2. レンタルサーバーを借りる
  3. ファイルをレンタルサーバーに送る

1.ドメインを取得する

ドメインの説明

上記の部分をドメインといいます。取得方法はドメイン販売業者から購入します。

ドメイン名は自分で決める事ができ、世界中で同じ名前を使う事ができません。一般的な名称はほとんどが利用されている場合が多いためです。あなたのビジネスやWebサイトに使いたいドメイン名があった場合すぐに取得した方がいいでしょう。誰かが先に取得した場合、使えなくなってしまいます。

ドメインについてもっと詳しい説明を見る

2.レンタルサーバーを借りる

レンタルサーバーというのはホームページを入れておく場所の事で、管理業者が24間動作するパソコンの一部分を貸してくれます。自分でサーバーを構築し、公開する人もいますが、普通はやりません。非常に手間がかかります。

現在、ホームページを公開するためのコストは非常に低価格になっています。お試しで初めて見るなら数百円/月から利用することができます。

おすすめのレンタルサーバーのページから公式サイトをご覧ください。
レンタルサーバーを見る

3.ファイルをレンタルサーバーに送る

ドメインとレンタルサーバーを用意したら、ご自分のパソコンにあるファイル一式をレンタルサーバーに送ります。それには、FTPソフトをインストールする必要があります。このソフトを使ってあなたのパソコンとレンタルサーバーを接続します。FTPソフトとは両者間(パソコン側をクライアント、レンタルサーバー側をサーバー)で特定のプロトコルにより通信をするソフトのことです。

取得したドメインが設定してあるレンタルサーバーの指定ディレクトリ(フォルダーの事です)に手元にあるファイルを転送することで公開状態になります。

初心者の方は下記の記事をご確認し、流れをつかんでください。より詳細な設定方法はあなたが使うレンタルサーバーの公式サイトの「マニュアル」に掲載されています。

FTPソフトの解説を見る

CMS(WordPress)を利用した公開方法

CMSを使った公開方法として、最も簡単にできるWordPressのケースを紹介します。まず、CMS概略を説明します。CMSは日本語にするとコンテンツマネージメントシステムといいホームページの管理システムのことです。

CMSの一種であるWordPressを利用するとホームページの更新や管理の手間が省けます。

WordPressの使用方法は、レンタルサーバーにインストールして使います。WordPress対応のレンタルサーバーを契約すると、大抵「ワンクリックインストール」機能が付いていますので、初心者の方でも問題なくWordPressでホームページを公開することができるでしょう。

WordPressの詳細もご確認ください。

WordPress
初心者でもわかるWordPressのメリットとデメリット

まとめ

Webサービスを利用した方法が最も簡単にできるといえます。手早く公開したい方や手間をかけたくない方はこのようなサービスを利用しホームページを公開しましょう。ホームページ作成ソフトやHTMLを作成して作る場合はレンタルサーバーの申し込みやドメインの取得、FTPソフトの設定など多少手間はかかりますが、一連の流れを抑えて始めればそうそう困ることはないでしょう。WordPressについては簡単に始めることはできますが、自分好みにカスタマイズするには勉強が必要です。

以上で、サービス別のホームページ公開方法の説明を終わらせていただきます。

  1. 共感したらシェア
  2. B!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA