pタグの使い方

pタグ

文章の段落を表すタグです。使用時の注意事項もありますので、初心者の方は見ておきましょう。

pタグ

カテゴリ 基本構造
タグ <p>
機能 段落を作ります。
使用属性
使用例
<p> ~ </p>

非推奨align属性

<p align="center"> alingn属性はHTML5、HTML4Strictモードで非推奨及び廃止されていますので、使用を控えましょう。このような効果を入れる場合はスタイルシートに記述します。

left テキストを左寄せにします。
right テキストを右寄せにします。
center テキストを中央にします。
justify テキストを両端揃えにします。

pタグの説明

1つの段落を作ります。ブロックレベル要素なので、pタグを設定すると段落と見なされ、自動的に改行が行われます。

サイト内の文章を書く時はpタグを使用します。まず記事の大見出し(h1やh2)を書き、次にpタグで説明を書いていくのが一般的です。

上記ようにbodyの次に見出し(h1)があり、次にpタグで説明します。このように使いますので実際に書いて覚えましょう。

pタグの使用上の注意点

入れ子

入れ子というのは、pタグの中にpタグを入れることです。例えば下のような書き方です。このような書き方をするなら親のpタグをdivタグなどに変えてグループを作るのが基本です。

改行スペース

ホームページを作っていると段落間のスペースを広くしたい場合があります。初心者がよくやってしまう間違いとして。

  1. <br>を入れて改行する
  2. <p></p>を入れて改行する

段落(</p>)の後に意味のないタグを入れて改行してしまう非推奨のパターンです。使ってはいけません。段落の下に空白をあけたい場合はスタイルシートに記述します。

pタグをスタイルシートで調整

例えば:このように記述します。下の例のmargin-bottomとは段落(<p></p>)外の下のスペースのことです。段落外だということに注意してください。1emとは1文字分のスペースという意味です。

pdding-bottomは、段落(<p></p>)内の下のスペースのことです。段落内だということに注意してください。

line-heightで行間の調整を行うといいでしょう。

HTMLは構造のみを作るものと理解し、デザインはスタイルシートに書くのが基本的な考えとなります。

参考サイト:MDN p要素

  1. シェアする
  2. facebook
  3. Twitter
  4. google+
  5. はてなブックマーク
  6. pocket
  7. feedlyを購読