WEBマーケティング

WEBマーケティングとは、インターネットマーケティング・ネットマーケティング・オンラインマーケティングなどと同じ意味であり、マーケティングの一分野を指す。

マーケティングとは、顧客や見込み客に商品やサービスを販売するための経営戦略・仕組みのことをいう。

特徴

販売戦略のための仕組みをインターネット上で行うため、これまでのリアルな世界でのマーケティングより変化や反映が非常に早い分野である。2年の経過は時代遅れになることもある。

手法

・よく知られた手法として、SEO(Search Engine Optimization)がある。SEOは検索エンジンを集客媒体とし検索ランキングで上位表示を狙う手法を指す。主要な検索エンジンはグーグルによるものなので、実際にはグーグル対策と同義である。グーグルのランキングアルゴリズムは常に進化しており、非公開のためいわゆるブラックハットSEOは通用しなくなっている。対策方法として最も効果的な方法はウェブマスター向けガイドラインを参照するのが望ましい。コンテンツマーケティングとも関連性が深い。

・メールによる集客方法、未だに高い成約率を誇る仕組み。メールマガジン登録者にステップメールなどを利用し、自動でメールを配信するシステムを利用すれば、ほとんどオートメーションで事が済む。事業者側からアクションを起こせる有効な手法。

・SNSを利用した集客方法、Facebook・Twitter・Instagram等のソーシャルメディアを利用し、口コミによる集客を行う方法。

・PPC広告、Google検索エンジンに広告を出稿することができる。検索キーワードをベースに絞り込んだユーザーに広告を表示する方法。効果を出すにはランディングページなどを用意し、検索ユーザーの需要によりマッチしたページを表示する必要がある。また、ソーシャルメディアに広告を出すこともある。

・アフィリエイトによる拡散、自社商品を紹介してくれた紹介者に対して一定の報酬を支払うことにより集客を行う方法。

・アンケートによるニーズの調査。主にウェブサイトに、アンケートを表示し、答えてもらいサイトの改善に役立てる手法。単に掲載しても答えてくれる人は少ないため、プレゼントの代わりにアンケートに答えてもらうなど工夫が必要な手法。

・データ解析による改善策。一般的にはGoogleの無料サービスであるサーチコンソールとアナリティクスでサイト流入時のキーワードやサイト内での動きを調査し、改善に役立てる手法。

など様々の手法が存在する。時代によって効果的な方法は変わっていく。そのスピードは早い。

参考サイト

ウェブマスター向けガイドライン

関連ページ

WEBマーケティング記事一覧

  1. このページを
    シェアする
  2. facebook
  3. Twitter
  4. google+
  5. はてなブックマーク
  6. pocket
  7. feedlyを購読